大学生の戯言日記

大学生の戯言日記

大学3年(ラブホ店員)のせきららブログ

急な資金調達にオークション出品はただのカモ!

 

寒さがいっそう厳しくなってきました。

 

みなさまどのようにお過ごしでしょうか。

 

 

 

今回はヤフオクの正しい利用法の提案をしたいと思います!

 

1.ヤフオクとは

 

f:id:riki-soccer-0711:20180203180050j:plain

 

 

まずこちらの数字をご覧ください!

 

 

・1日平均出品数 114.7万件


・1日平均取扱高 19億1500万円


・1件当たり平均落札額 4854円


・1日当たり平均落札率 18%

 

 

この数字からもわかるように「ヤフオク」は

 

ビッグマーケットとなっています。

 

 

 

使わなくなった家具や電化製品。

見なくなったDVD。

聞かなくなったCD。

 

などなど

 

 

ヤフオクは自分の部屋の中で置物となっているモノをお金に換えることができるとても便利な手段となっています。

 

 

2.ヤフオクのカモ

 

ここまでの情報からわかる通り「ヤフオク」は大きな市場です。

 

しかし着目すべき点は出品している方は全員がプロではないということ。

 

 

(アマチュアに見られる失敗例)

ヤフオク内を閲覧していると何回も出品しても落札されないのか1円で出品してしまい大損をこいてしまう事例をよく見ます。

 

逆に、適正価格を知らないのか明らかに適正価格より高く出品してしまい落札されていない商品も多くあります。

 

 

ユーザーは莫大な数いるわけですから落札されやすいはされやすいのです。

 

1.なので適正価格をリサーチすること。

2.多くのユーザーの目に触れるために長期出品をすること。

 

この二つが基本的な出品者の心得になってきます。

 

 

本題に入りますが

 

資金調達のために慌ててヤフオクを始めた出品者は上記のような心得を得ておらず、(アマチュアに見られる失敗例↑)をしてしまいます。

 

 

早急にお金を欲しいのですからすこしぐらい安くてもいいやとどんどん価格を下げていきます。

 

プロの落札者はこれを狙います。

適正価格を知らない出品者ほどカモは無いのです。

 

 

3.ヤフオクでせどりは可能?

 

ヤフオクには出品手数料(落札金額の8.64パーセント)がかかります。

 

約10パーセント削られてしまうわけですから。

あまりせどりで利益が上がらないことがわかります。

 

 

しかし、せどりをすることは可能です。

 

 

なぜかというとカモがいるから。

 

 

いわゆる掘り出し物をしっかり探して市場価格との乖離が激しい商品を仕入れ、適正価格で売ることにより多くの利益を生むことができます。

 

 

まとめると

 

適正価格を、しっかりリサーチしてヤフオクに取り組まなければ損するということです。

 

急な資金調達のためにヤフオクを使っている方。

適正価格をしっかり調べ出品しましょう。その額で落札されなければあなたは一時的にお金を得たとしても総合的に損をしているのです、、、