大学生のお金づくり=めざせ100万円

大学3年の私が0円から100万円を作り出すまでの物語!

名前の由来知っていますか?「ユンケル」・「リポビタンD」

今日は「ユンケル」と「リポビタンD」の名前の由来、両商品の比較をしていきたいと思います。

 

 

まずは

「ユンケル」

名前の由来:ドイツ語で「貴公子」の意味

誕生:1967年

商品:ユンケル黄帝液(800円)

   ユンケルスター(3884円)

   ファンテーユンケル3Bドリンク(150円)

 

特徴:効き目重視で、厳選された生薬を、症状・用途に応じてきめ細かく配合!

 

 

 

リポビタンD

名前の由来:リポクラシス(脂肪分解)+ビタミン+D(デリシャス&ダイナミック)

誕生:1962年

商品:リポビタンD(146円)

   リポビタン11(350円)

 

特徴:ビタミンを主体に配合されており、

   多くの人に飲んでもらえるよう低価格で押さえている。

 

 

また両商品は宣伝が成功し世間に名を広めている。

「ユンケル」大リーガーのイチロー選手を起用!

リポビタンD」はケイン・コスギなどに代表される筋肉質の男性をCM起用!

 

 

一言で両商品を紹介すると

効き目の「ユンケル」

手頃な「リポビタンD」

 

 

さてみなさんや疲れがたまってしまった場合コンビニやドラッグストアに行ったらどちらを手に取るのでしょうか!!効き目の「ユンケル」か手ごろな「リポビタンD」か

 

 

まあ大学生のうちは「リポビタンD」で社会人になったら「ユンケル」でしょうか!

それにしても両商品の名前の由来は面白いですね!

 

 

広告を非表示にする